口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

様々な種類がある医師の働き方

医師の働き方として常勤と非常勤があります。

病院は常に誰かが常駐しないといけないので、各病院は人員の確保が必要になります。

どうしても人員が足りないときにはアルバイトを募集して対応しないといけないところもあります。

 

常勤をしていない人が都合よく働ける定期

仕事をするときには会社等と雇用契約を結びます。

正社員やアルバイトがあり、正社員は待遇はいいもののそれなりにそれぞれの職場の都合に合わせる必要があり私生活などは自由になりにくいでしょう。

アルバイトは必ずしも待遇は良くありませんがある程度働く曜日や時間を働く側から希望できるので、私生活優先での仕事が可能になります。

医師アルバイトを選択したときの働き方として、常勤勤務をしていない人が定期に行う方法があります。

病院で常勤勤務になるとどの曜日のどの時間帯に空きができるかがわかりにくいです。

交代制の勤務なので他の職場で定期的に仕事をするのが難しくなるでしょう。

ある曜日だけ、ある時間帯だけ働くなどができないので注意が必要です。

一方で子育てを重視したい人や家族との生活や趣味を優先したいなら定期アルバイトがいいかも知れません。

平日の昼間だけ働くや夜だけ働くなどが選べます。

常勤勤務がないので拘束される時間がありません。

ある職場で余裕があるならアルバイトを掛け持ちすることで労働時間を増やして収入を増やす方法もあるでしょう。

 

自分の技術を生かした緊急対応タイプ

医師は医療技術で病気の治療などを行います。

医学部などで基礎を学んで、研修時代に仕事ができるレベルまでにしておきます。

それ以降は医師として技術を磨いていくことになるでしょう。

日本の大学病院などで高度な技術を得る人もいれば海外に行く人もいます。

一方で特定の分野に特化して、その分野に強みのある医師を目指す人もいるでしょう。

医師アルバイトとしての働き方にスポットの仕事をする方法があります。

基本的には常勤などで仕事をしていますが、常に仕事をしているわけではありません。

そこで休みなどの空いている時間を見つけて他の医療機関で仕事をします。

このときの選び方としては技術の研鑽が目的で、自分の技術が生かせる求人を探して応募をします。

それぞれの病院では各科や治療に関する専門の医師がいるでしょうが、いろいろな理由で急に欠員するときがあります。

その時に一時的に補充要因が募集され、それに応募をして仕事をします。

時には手術などを担当することもあり、一定の技術や経験がないとできないでしょう。

アルバイトでありながら対価が高いものもあります。

 

当直など負担を少なくして稼ぐタイプ

病院は入院患者への対応が必要なので、24時間365日体制で運営されます。

平日の昼間はもちろんですが、平日の夜や土日なども必ず医師や看護師などの専門家が常駐しています。

もちろん一人の医師がずっと働き続けることはできないので交代制などになっていますが、昼勤や夜勤など以外に夜当直と呼ばれる勤務があることを知っておきましょう。

夜に勤務をする働き方として夜勤と夜当直があります。

夜勤は昼間と同様に仕事をしなければならず、基本的にはその期間ずっと起きて不測の事態に対応します。

仮眠などもほとんど取らないでしょう。

一方夜当直は仮の補充人員になります。

緊急事態があるときに仕事をしますが、それ以外は仮眠をして勤務時間を過ごします。

医師アルバイトでの働き方に夜当直を選ぶ方法があります。

夜勤だとその後に昼勤が入ることはありません。

でも夜当直は給料はもらえるものの正式な勤務時間でないのですぐに昼勤が入るときもあります。

常勤の病院で昼勤の時に夜に時間が空くので、その時に夜当直を受けて仮眠をしながら給料を得ます。

比較的楽に収入を増やす方法になります。

 

常勤をせずにアルバイトのみを行う医師がいます。

プライベートを優先したいときに選ぶ人が多いです。

実力をつける為に空いている時間に治療業務を行う人もいます。

夜当直は負担の少ないアルバイトで、寝ながら給料が得られます。

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
第5位 医師のとも
記事一覧