口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

医師アルバイトの待遇は?

世間的に医師アルバイトとして勤務していると耳にすると、人並より稼ぐ印象を持つ方もいるかもしれません。

医師のケースでは、常勤より稼ぐことができるのか、待遇が良いのかと気になることでしょう。

現実的には、アルバイトで勤める医師が常勤務医より収入額が高いことは数少ないでしょう。

 

現実のアルバイトの募集内容について

医師の非常勤アルバイトの賃金相場はおよそ時給1万円くらいとなっており、常勤スタイルで働いた場合、単純に計算すると年収額1000万円をオーバーします。

しかしながら、現実的には、医療施設に属する常勤医の業務のフォローをするために求人募集を出すことが中心で、半日勤務という様な常勤スタイルではなく時間を区切る求人募集が少なくありません。

その影響を受けて、常勤スタイルでスケジュールを組みたてるのは簡単ではないでしょう。

医師のアルバイトの賃金は時給1万円が相場ですが、4時間4万円といった半日求人も数多くあり、日給10万円の常勤スタイルでのアルバイト求人はそれ程多くありません。

往復運賃を給付する医療施設もたくさんありますが、通勤時間といった問題から自分自身の希望通りの求人が見つかるということにはなりません。

したがってアルバイトだからと言って、日給10万円の仕事を一週間あたり5日埋めるというのは難しいといえます。

 

安定しない勤務システムを考慮する必要がある

また、アルバイトについては 常勤とは異なって、ひとつの医療施設で安定的に業務につくことはできません

勤務場所探しをはじめとして、一切合切自分自身で実行しなければなりません。

それに加えて、希望に沿った求人、現在において勤務する医療機関との雇用に関する契約が将来的にも引き続きキープされるという保証は全然ありません

医療施設の経営スタンスの変化、あるいは新たなる常勤医師の赴任などといった要因で、医療施設サイドから契約の締結を打ち切られることは非常に多いと考えておきましょう。

実際、医療機関側から雇用契約を更新されなかったというケースも少なくありません。

アルバイトとして勤務することを想定している医師は、こうしたリスクをしっかり理解した上でアルバイト医師として仕事に従事するか否かを決定すべきでしょう。

 

給与体系や通勤に関する待遇面について

そしてアルバイトの賃金については、年次で劇的に変化することなどありません。

5年目の医師であっても20年目の医師であっても、多くの場合ギャランティは同じです。

それを受けて、年収額を高くするには勤務する時間や勤務の回数を増加させるしか手段がありません。

常勤医に関しては、年次が引き上がるなどで、所得が引き上がっていきます。

年次が上がると、当直免除といった勤務負担が下がるケースもあり、勤務負担を引き下げながら給料をアップさせることができます。

その点を考えに入れると、長いスパンでみたら常勤医の形での仕事の方が割は良いといえるでしょう。

さらに、常勤医と異なって、いくつかの医療施設を転々とすることから、通勤に身体にとって悪影響を及ぼすストレスを感じる可能性があるでしょう。

家近くの求人募集が見つければ良いですが、その雇用契約の取り交わしもどのタイミングで切られるか分かりません。

勤務場所が遠方のため、多くの時間をかけて通勤をしているアルバイトの医師の方もいますが、交通費がないこともあるため、遠方のケースでは交通費が支払われるか否かをあらかじめ確認しておくべきでしょう。

 

ゆるぎない将来像もしくは非常に強い目的を持っているのであれば、アルバイトという道も相応しい選択肢と考えられます。

しかしながら、常勤医にくらべて稼げそう、手間なく収入を得たいからという理由でアルバイトへの転向を考えている人は、リスクの面も考慮した上で検討することが重要になります。

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
第5位 医師のとも
記事一覧