口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

医師が副業でアルバイトをする理由

公開日:2019/04/01  最終更新日:2019/02/19

医師と言えば高収入が約束されている職業でありますが、なぜかそういう医師が別のところでアルバイトとして働いているというケースがあります。

それは何らかの理由によって医師アルバイトをしているということですが、どういうわけで行っているのかそれを解明していきます。

 

さらなる収入アップを目指す必要があるため

世間でも高収入の代名詞とされている医師ですが、さらなる収入アップを目指すという目的でアルバイトとして別の医療現場で働くことが往々にしてあります。

開業医が1週間に1回程度大学病院で診察をしていたり、救急の現場を知るため深夜に救急病院で対応をしていたりします。

また、その逆のケースとして若い大学病院の医師がアルバイトとして別の病院で働くというケースもあるくらいです。

特に若い大学病院の医師が一般的な病院に比べて収入が低いケースが多いですが、アルバイトとして別の病院で働くことによって同年齢のサラリーマンの同様の給与になるわけです。

若い時というのは高収入でないケースが多いためにアルバイトをしないとやっていけないという事情があります。

医師アルバイトは誰しも就ける仕事ではありませんので、当然ながら時給が高いです。

1回で数万円得られるくらいに時給が高いからこそアルバイトをしてでも現場で診察をするわけでしょう。

特に救急の現場であればさらなる高収入が得られます。

アルバイトをするだけでたくさん稼げるのが医療現場なのです。

 

技術を磨くなどのスキルアップを図るため

医師アルバイトは高収入が得られるだけでなく、技術を磨くなどのスキルアップのために行う人がいます。

医療現場によって同じ診療科によっても症例が偏ることは大いにあり得ますので、別の症例を見てみたいならば別の医療現場で体験するしかありません。

今在籍している医療現場で自分が積みたい症例が少ないのであれば、そういう症例が多い医療現場でアルバイトとして働くことによってスキルアップにつながります。

それによってさらに専門性を高めることができますので、積極的にアルバイトに応募しようという気になりやすいでしょう。

今まで大きな病院に勤めていたのであれば内科であっても肝臓内科や呼吸器内科などに専門分化していくものですが、そこから開業医になりたいならば自分の専門特化した診療科以外でも対応しないといけなかったりします。

そういう現場を体験するためにも、開業医でアルバイトをすることはとても有効です。

これから在宅診療などが注目されていたりしますし、自由診療の拡大によっても医師アルバイトの需要はさらに高まってくるでしょう。

 

将来的な開業や転職の準備のため

最初に就職したのが大きな病院だということならば、別のところに転職したり、親の病院の後を継いだり、あらたに解消したりするということは十分あり得ます。

医師の世界は平均4回ぐらいは転職をしているというデータがあるくらいですので、転職をすることに抵抗がないことが予想されます。

それでも、知らないところで働くよりは転職したい医療現場で1回アルバイトとして働きたいと思うのではないでしょうか。

アルバイトとして働いてみて、この医療現場で常勤医として働いてみようと思うならば、転職をすればいいわけです。

開業医としてどういう準備をしないといけないのかを知るためには、クリニックなどの医療現場で実際の現場を知ることができればいいでしょう。

開業するためにどういうことをすればいいのかなども教えてもらえるでしょうし、地域の医療現場を知るという意味でも役に立ちます。

 

医療アルバイトを行う理由として多いのが、さらなる高収入を得るためと、スキルアップを図るため、開業や転職の準備のためです。

こういう理由のために医療現場でアルバイトを行うことが多いですが、お金のためだけでなく、自分の医師としての将来性のためにアルバイトをしていることが印象的です。

 

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
転職先生の画像
第5位 医師のとも
医師のともの画像
記事一覧