口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

学生でも医師アルバイトはできるのか?

弁護士を目指す人などは法律事務所などで補助の仕事をしながら資格取得を目指したりします。

となると医学部生も医療の現場で仕事ができるのではないかと考えるでしょう。

求人情報に医学部生を求めているものがないか探してみましょう。

 

国家資格が必要な仕事は行えない

国家資格を持っていないとできない仕事があります。

弁護士や会計士、税理士等が知られていますが、医療従事者関係の仕事も多くの国家資格があります。

実際に資格を取得してからでないと行えないものは、学んでいる状況では行うことはできないでしょう。

そして、医師は国家資格が必要な仕事になるので、医学部生でもアルバイトとして働くことはできません。

医学部に通っている人は、塾の講師であったり家庭教師などでアルバイトをしてる割合が多くなるようです。

医学部に入るには非常に優秀な学力がないといけなので、それをうまく使える仕事と言えます。

また将来的に資格を得た時、患者さんといろいろな話をすることになるでしょう。

その時にわかりやすく色々なことを教えないといけません。

塾の講師や家庭教師の仕事をすれば、人に何かを教える能力がアップします。

なので塾の講師や家庭教師は将来に役立つ仕事と言えるでしょう。

 

大学病院などで補助員としての仕事

大学病院は、大学が運営をしている病院です。

大学とついているから大学業務のみを行っているのではなく、一般的な病院と同じように治療も受けられ、それは大学の教授などが行います。

その大学に通っている人は、大学病院を通じていろいろな実習を受けたりします。

もちろん学ぶ段階なのでお金を払って受けることになります。

ただ病院に近いところで仕事ができる可能性があります。

通っている大学や周辺の大学などで、医療補助の仕事として募集が出ているときがあります。

無資格でも行える仕事で、もちろん資格がある人が行える業務などは行えません。

治療に必要な道具を準備したり、運んだり誰でも行える仕事になります。

それ以外に医学部生だけが行える仕事があるかもしれません。

大学病院などではいろいろな研究を行っていますが、研究に関する助手などが必要になるときがあります。

学内において医学部生に限定して募集がかけられるときがあります。

 

仕事ではなく実習や研修などで経験ができる

医学部に入ると、6年間しっかり学んでその後に国家試験を受験します。

国家試験に合格すればようやく資格が得られますが、だからと言って自由に業務が行えるわけではありません。

研修医として一定の経験を積み、ようやく一人前として仕事ができるようになります。

学生の間でも1年から4年ぐらいまでは座学や学校内の施設などでの実習が中心になりますが、5年生以降になると現場での研修などが多くなります。

ただこれだけでは物足りないと、もっと医療の現場に立ちたいと考えているのなら、各病院などが独自に募集する実習や研修制度に応募してみると良いでしょう。

一般的な私立や国公立の病院などで医学部生に対して募集をかけています。

あくまでも実習や研修になるので給料などは出ません。

医療の現場で実際に治療の様子などの見学をすることができます。

通っている大学で得られない経験が得られるかもしれません。

 

医学部生は国家資格を持たないので、資格が必要な仕事をすることはできません。

行えても病院において無資格でも行える補助的な仕事になります。

大学病院では医学部生に限定した研究補助の仕事などができる時があります。

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
第5位 医師のとも
記事一覧