口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

皮膚科でのアルバイト事情とは

医師アルバイトとして働くときにはどの科目での募集があるかをチェックする必要があります。

元々皮膚科を担当しているならそちらの募集から選んで応募することになるでしょう。

他の科目にはない特色などを知っておくと良いでしょう。

 

美容関係のクリニックでの募集がある

美容外科とよばれる医療機関では、病気の治療ではなく自分の希望の体に近づけてもらえるいろいろな治療を行ってもらえます。

手術が多くなりますが、体の内部よりも表面上の皮膚に何らかの変化を付けることが多いかもしれません。

ですから美容外科の医師は元々皮膚科や形成外科など皮膚を扱う専門家が多いかもしれません。

皮膚科を専門とする医師が医師アルバイトをしたいとき、美容関係クリニックの求人が多く利用できるかもしれません。

単発での勤務だと手術などはないでしょうが、カウンセリングや指導などの業務を行えます。

毎週何曜日に固定的に入る仕事になれば手術などを行い、自分自身で治療方針を決めて治療をするなども行えるでしょう。

 

外来の補充要員としての募集を利用

皮膚科は、割合としては外来対応が多くなります。

もちろんやけどなどの皮膚の大けがとなると入院が必要になるでしょうが、それ以外で入院をする人が少なくなります。

外来で皮膚の様子を診察し、その状態によって薬を処方するのが主になってきそうです。

医師アルバイトが皮膚科として働くときにもこれらの事情がそれなりに影響してくるでしょう。

病院とクリニックとなるとクリニックの方が募集が多いかもしれません。

そして病院に勤務をするとしても外来の補助要員としての勤務になり、午前中だけの仕事もあります。

うまく時間を使いたいだけなら給料で選ぶと良いでしょうが、実践を積みたいのであればより治療実績の高い医療機関を選んだ方がいいでしょう。

 

女性比率が多く子育てをしながら働きやすい

看護師はかつては看護婦とよばれ、ほぼ女性のみが勤務を行っていました。

もちろん男性でもなることができ看護士と区別していましたが、今は男女とも看護師に変更されています。

薬剤師も男女ともなれる資格ですが女性が多い資格として知られています。

医師となると男性が多い資格ですが、少しずつ女性でもなる人が多くなっているようです。

女性の中には元々常勤勤務をしていて、結婚や出産などを機会に現場から離れている人がいます。

その後に仕事をしたいと医師アルバイトからやってみようと考えている人は多いでしょう。

仕事において男女の差別はあってはなりませんが、女性としてはできるだけ働きやすい環境が整っている勤務先で働きたいと考えているでしょう。

医師には科目があるので、それぞれで男女比率などを知っておくと働きやすい科目が分かるかもしれません。

比較的女性の比率が多いのが皮膚科で、クリニックにしても大きな病院、美容クリニックなどでも女性を多く見かけるでしょう。

結婚や出産、そして子育てをしながら働いている人も多いので、気兼ねなく働ける環境がありそうです。

 

美容外科は皮膚を扱う治療が多く、皮膚科医が募集されることが多くなります。

その他外来の補助の求人が多く、夜勤などはあまりないでしょう。

男女の比率では女性が比較的多い科目なので、子育てから復帰する女性に最適かもしれません。

 

 

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
第5位 医師のとも
記事一覧