口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

非常勤の医師アルバイトには2種類ある!定期非常勤とスポットの違いと向いている人

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/08/09

病院内には、たくさんの医療従事者が働いています。

資格が必要な仕事が多く、新たに採用したいと考えてもすぐに補充するのは難しいという現状があります。

そこで人手が足りない日に来てもらい業務を行ってもらうのが医師アルバイトです。

医師アルバイトには、大きく分けて2種類あり、定期非常勤と特定の日のみ出勤するスポットがあります。

定期非常勤のアルバイトとはどのようなものか

定期非常勤の医師アルバイトとは、定期的に医師として働くことを指しています。例えば、毎週水曜日の午前のみや隔週での当直などがそれにあたります。非常勤の他にも定期アルバイトや固定勤務などと呼ばれることもあります。

定期非常勤の医師アルバイトの主な勤務内容は、外来の求人が最も多くそのほかにも当直や日当直での病棟管理などがあります。内科や外科などの科目に関わらず救急対応を行う求人も存在しています。

術後管理などの問題から外科では難しいようですが、眼科では白内障の手術を非常勤医が担当していたり、美容外科や美容皮膚科で一定期間の研修を経て執刀に関わることができる施設もあるので症例を増やすために医師アルバイトを希望する人が多いそうです。

定期非常勤で働く際の勤務日数は、週に1回程度や週2、3回などで、勤務時間数も日勤を始め午前のみや午後のみ、当直のみなど自分の希望に合わせた多様な働き方をすることができるのも魅力のひとつです。

スポット勤務とはどのようなものか

スポットとは、臨時で特定の日だけを限定して勤務することを指しています。特定の1日のみの当直や健康診断などがこれにあたります。スポットの他にも単発アルバイトや代診と呼ばれていることもあります。

例えば、院長の学会出席や慶弔などでもドクターの穴を空けたくない場合や健康診断などで人手が必要な時に必要とされることが多いようです。つまり、募集先の病院内でどうしても人材の確保ができない日にピンポイントで募集をしているという特性があります。そのため、スポットは募集先によって日数や時間帯が異なります。

常勤の勤務先とは別の医療機関で単発のアルバイトを経験することによって収入やスキルアップができるため、理想を実現させていくための手段として多くの医師がスポット勤務されています。

他から求められて勤務先からの指示でスポット勤務をしているケースも少なくありませんが、自分の活躍の場を広げたい、常勤の勤務先とは違う分野の人との繋がりを求めているなど前向きな理由をもって勤務している人もいます。

医師アルバイトに向いている人とは

定期非常勤で働く理由として最も多いのは、常勤先の研修日を利用して収入アップを図ることや症例や周辺知識習得などのスキルアップを目的としている人に向いています。

女性医師に多いのは、子育て中の女性医師が週2〜3日などの勤務を希望して、育児と仕事の両立を図っているケースが増えてきています。産休や育休明けの女性医師が、子どもを保育園や幼稚園などに預けて働き、少しずつ臨床などの元の勤務へとペースを戻しているのです。

スポット勤務は、スキルアップはもちろんもっと収入を得たいという人に向いています。常勤で働きながら、自分の都合のよい日に単発で仕事を入れられるのが人気の秘訣のようです。

医師は、高給のような感じもしますが、すべての人が高給というわけではないようで、中にはサラリーマンレベルの収入という場合もあるそうです。当然仕事の量を増やせば稼げるので常勤の勤務をしながら都合の良い日に働いているのです。また、ひとつの医療機関ではできる仕事に限りがあるので外部の医療機関で経験を積もうとしている人も多く存在しています。

 

医師は、一般的なサラリーマンとは違い約半数以上の医師が複数の勤務地で働いている実態があるとも言われています。金銭的な事情が絡む場合もありますが、症例や知識・技術の習得やさまざまな分野の人とのつながりを求めている人に向いているようです。

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
転職先生の画像
第5位 医師のとも
医師のともの画像
記事一覧