口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

医師アルバイトを始めるまでの流れ

医師がアルバイトをするとき、これまで常勤でしか働いたことがないとどうすればいいかわからないかもしれません。

仕事をするにあたっての基本的な流れがあるので、多くの人が行っている方法を参考にしてみると良いでしょう。

 

今の勤務体系との調整を考えておく

病院に勤務する医師はかなりハードな勤務体系の人もいます。

病院は24時間常に運営されている機関になるので、必ず一定人数の医師や看護師が勤務をする必要があります。

交代制で勤務するときにはいつ休みになるのか、昼勤になるのか夜勤になるのかなどを知っておかなければなりません。

ある程度事前にシフトを知った上で勤務することになるでしょう。

忙しい中でも休みとして空く時間ができるときもあり、その時間を有効活用しようとする人もいます。

空いている時間に医師アルバイトをしようとするときに始めるまでの流れとしては、今の勤務体系との調整になるでしょう。

シフトによって働く曜日や夜勤の日が変わるとなるとなかなか定期のアルバイトは難しいかもしれません。

一方でスポットであれば空いている時間にその時だけ勤務するなどが可能です。

木曜日に一日空くからその日を利用するなどもあるでしょうし、金曜日の昼に勤務して夜空いているならその夜に当直のアルバイトを入れたりもできます。

当直であれば仮眠をしながら過ごせる時間も長いので、翌日勤務があるときでも問題ないでしょう。

求人情報から自分に合った仕事を探す

医師業務は医師免許があれば行えます

医師の中にはいろいろな科に精通した人もいて、離島の医療など一人ですべての診療をするときもあるようです。

ただ一般的には担当科目を決めてその科目の仕事をする人が多いでしょう。

内科なら内科のみ、外科なら外科のみでその分野の専門医の資格などを取ったりします。

他の科目の仕事は行いません。

医師アルバイトを始めるまでの流れとして、求人情報から仕事を探す必要があります。

すると募集をしている科目があり、内科や外科などが書かれています。

自分自身が内科の医師であれば内科の募集に応募することになり、いくら条件が良くても外科を募集している求人には応募できません。

求められる技術が異なるためです。

募集されている科目が何かも大事ですが、どんな勤務になるのかも大事になります。

スポットでの働き方として人気があるのが当直で、時にはただ仮眠しているだけで終わったりする仕事です。

一方経験をどんどん積むためにアルバイトをするのであれば、外来や手術の要員として出されている求人情報から探す必要があるでしょう。

求人に応募をして面接などを受ける

一般の人が仕事をしようとするとき、求人情報から選んで応募をします。

すると書類審査、面接などが実施されその結果によって採用されるかどうかが決まります。

内定が出れば所定の勤務日から仕事をすることになります。

新卒やアルバイトなどが行うときはすべて自分で行うでしょう。

一方管理職などが転職をするときはエージェントサービスを利用するときもあります。

医師アルバイトを始めるまでの流れとして、求人への応募があります。

応募方法はいくつかあり、自分で気になる求人に直接応募して、書類審査や面接などを受けていきます。

単発の当直の仕事であればこの方法が簡単かもしれません。

一方外来や手術などで定期に仕事をするときは、書類選考や面接なども厳しくなるときがあります。

そこでエージェントサービスの利用を検討してみましょう。

エージェントサービスは求人情報などを提供している会社が行っていて、登録をしておくと希望の仕事の提案や応募時のサポートなどをしてくれます。

忙しいと自分で面接日の調整が難しいときもありますが、エージェントが代わりにしてくれるので助かるでしょう。

 

常勤で勤務中の人は今の仕事との兼ね合いを考える必要があります。

空いている時間が分かったら自分に合った求人を探さなくてはいけません。

いい求人が見つかったら実際に応募しますが、エージェントサービスを利用すると楽に進められるでしょう。

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
第5位 医師のとも
記事一覧