口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

医師アルバイトは一日~数日など短期間でも可能?

医師がアルバイトをするとき、定期的に行えるものの他にスポットとして短期間に行えるものもあるようです。

休みの日などがあるときに仕事ができればその分収入を増やすことができるでしょう。

どんな仕事があるかチェックしてみましょう。

 

当直の仕事を1日だけ行うことが可能

病院とクリニックはどちらにも医師と看護師がいて一定の医療が受けられます。

別途数で一定の区分けがされているものの、入院患者を扱うのが病院でクリニックは産婦人科以外ではあまり入院患者を扱わないでしょう。

産婦人科のクリニックは例外ですが、病院は24時間体制で、クリニックは夜、土日なども休みになることが多いでしょう。

病院は24時間運営されるので医師や看護師が待機をしています。

夜勤として待機する人と当直として待機する人がいて、当直は夜勤の医師では対応できないときの緊急時に仕事をします。

医師アルバイトとして短期間仕事をするときにも人気があるのが当直医で、働かないのに給料がもらえると希望する人もいるようです。

病院で勤務するとどうしても患者とのつながりが必要です。

となると長く治療を行うときにそのたびに医師が変わるのは問題になるでしょう。

一時的に勤務をする医師が継続的な治療をすることはあまりありません。

当直医は緊急時の対応なので病院としては人数を確保する目的で採用するときもあります。

選ぶなら救急対応が少ない所がいいかも知れません。

健康診断はピーク時に募集が出る

学校や会社などでは1年に1回健康診断を行うところが多いでしょう。

特に時期が決められているわけではありませんが、学校なら年度の変わり目の4月から5月にかけて行うところが多いでしょう。

会社も新入社員に対して4月から5月ごろに行うところがあり、それに合わせて他の社員にも受けさせたりします。

1年の中では春が多くなるのでしょう。

医師アルバイトをするに当たっては、定期に行うものとスポットと言われる短期間のみ行えるものがあります。

スポットで行えるものとして健康診断要員があります。

各医療機関で健康診断の募集を行いますが、1年を通じて同じような件数になりません。

どうしても4月から5月の春ごろに多くなり、その時に非常に忙しくなります。

健康診断は健康な人が病気を見つけるために行うもので、多くの人は健康な状態でしょう。

また病気を見つけたとしてもその後その病院で治療を行うかどうかはわかりません。

病院からすると診察をする医師がいればいいので、必ずしもその病院に所属している医師である必要はありません

春に稼ぎたいなら、求人情報を探すと良いでしょう。

秋から冬にかけてインフルエンザ注射要員

冬に流行する病気としてインフルエンザがあります。

風邪の症状に似ているので間違えやすいですが、全く別の病気になるので十分注意して対処しなければいけません。

そこで多くの人は事前に予防注射を打っておき万が一に備えます。

予防をしてもかからないわけではないようですが、重症化しにくくなるので注射は打っておく方が良いでしょう。

各医療機関でもインフルエンザの注射を希望する人が増え、通常の診療に加えて注射業務などを行う必要があります。

医師アルバイトが短期間行えるものとして、秋から冬にかけてのインフルエンザの予防接種があります。

かつては各学校などで2回摂取するのを義務付けていましたが、今は義務付けではなく学校単位などは少なくなっているかもしれません。

インフルエンザは高齢者がかかると重症化すると言われていて、高齢者が入所する施設などでは集団で受けさせたいところがあるようです。

そちらに出向いて注射をする要員などとして仕事をします。

作業自体は注射をするだけなので単純ですが、多くの人数に行うことになり決して楽な仕事ではないかもしれません。

 

アルバイトの中でも人気があるのが当直で、1日からでも行うことができます。

季節的に募集が多くなるものとして健康診断とインフルエンザなどの予防注射があります。

春や秋などそれぞれの時期に募集が増えるのでその時期に応募すると良いでしょう。

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
第5位 医師のとも
記事一覧