口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

夜間帯の医師アルバイトの特徴とは?

病院での診察といえば通常は午前中にのみ行われます。

クリニックは午前中と午後、もしくは夕方から行われることがあります。

さらに大きな病院であれば24時間運営しているので夜勤もあります。

働く時間による違いを知っておくと良いでしょう。

クリニックなら夕方から夜にかけて診察

医療機関には病院の他にクリニックがあります。

病院は総合病院などと言われ、外来の他に入院患者などを診察します。

基本的に24時間365日運営していて、交代で医療機関内で待機をして夜の緊急事態などにも対応します。

一方でクリニックは個人などで運営されている医療機関で、多くは内科や眼科などの単科の医療機関になります。

土日などは休診になることが多く、深夜も診察を行っていませんし、入院患者もいないのが通常になります。

クリニックでアルバイトを行うときの勤務時間の特徴として、夕方から夜になることが多いです。

クリニックの診療は二部に分かれるところが多く、午前中は12時から13時ごろに終わります。

そして夕方から夜にかけての診察が始まり、その後20時から21時ごろまで診察が行われます。

クリニックはあまり規模が大きくないので、クリニックの運営者自身が一人で行っているところがありますが、患者が多いところにおいては複数人態勢で診療をするときがあります。

そういった求人が多いので、応募してみてもいいかもしれません。

病院は夜から早朝にかけて勤務を行う

病院の外来といえば、基本的には午前中で終わるところが多いです。

と言っても病院自体がそれ以外休んでいるわけではなく、入院患者の対応をしたり救急の外来に対応したりして、24時間常に医療が行える体制を整えています。

では病院において夜間帯にアルバイトをするときには勤務に関してどんな特徴があるでしょうか。

病院によって定義が異なるので、求人情報などを確認しないといけませんが、まず一般のクリニックのように夕方からの診察を行うところがあり、こちらだと勤務は夕方から夜までになります。

それ以外は夜から深夜、そして早朝にかけての診察を行う仕事になります。

夜は通常の診察は行いませんが、急に体調が悪くなった患者さんに対応する医療機関があります。

救急で搬送される患者への対応とは少し異なると言えるでしょう。

ただ夜間いつ患者が来るかもわからないので、仮眠を取るのは難しいかもしれません。

夜勤に該当するので、夜勤手当てなどをもらえることが多く、その分通常よりも給料が多めになる可能性があります。

当直との違いを知って常勤との調整をする

病院は24時間運営していますが、患者が寝ている間は医療従事者の誰かが起きていて、緊急事態が起きた時はすぐに対応できるようにしてくれています。

医師に関しては、夜診と呼ばれる働き方があり、アルバイトで働く人もいるようです。

こちらは一般の業務で言うところの夜勤で、夜勤手当が出ます。

そのまま継続して朝からの勤務に就くことはありません。

それ以外に当直があり、こちらは基本的には診察などは行いません。

当直期間の大半は仮眠になりますが、緊急事態が起きた時には業務を行います。

夜勤ではないので夜勤手当ては出ませんし、次の日の朝に継続して勤務することもあります。

当直は一定の制約は受けるものの実際の勤務とは異なります。

同じ夜の勤務ですが、夜診と夜勤ではそれぞれもらえる給料は大きく異なります

常勤で働いている人は、うまく調整しながらこの仕事を選ぶと良いでしょう。

バイトの求人にはいろいろな時間帯の業務があり、空いている時間の仕事があるならうまく稼ぐことができます。

クリニックであれば夜には仕事が終わりますが、病院では夜から深夜、さらに早朝にかけての仕事になり、その分給料も良くなります。

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
第5位 医師のとも
記事一覧