口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

医師アルバイトとは?


医師アルバイトとは、非常勤という形で認められることになる1日あたり8時間程の勤務をするワークスタイルです。2つの種類のワークスタイルがあり、一週間あたり1日や2日といった勤務する日を決定し、周期的に勤めるケースと、特定日のみに当直や健康診断を務めるスポットになります。

 

 

主としてバイトの形で勤務する内容

就労内容につきましては内科や外科など科目に関係なく、外来の職員募集が一番多く出ています。続いて、当直であるとか日当直で病棟管理が非常に多く、救急対応も伴う職員募集についても珍しくありません。外科系統で症例の総数を増加させたいというケースには、術後管理といった問題から執刀医については常勤医に限定されるケースが非常に多く、希望がかなえられる事はとても難しいです。

しかしながら、眼科であれば、白内障、あるいは緑内障の手術を担当することになったり、美容外科並びに美容皮膚科であれば、研修期間を積み重ねた上で執刀にも関わることができるケースもあります。以上のように活躍することができる場は多岐にわたっており、このワークスタイルを選択する医者も少なくありません。

アルバイトという形で勤める理由

アルバイトで業務につく理由として、一番多いと言えるのは常勤先の研究日を活用して収入アップを意図するためといわれています。また、症例もしくは周辺の専門的な知識習得などスキルアップも大きな動機であるといえます。それからメインとして女性で、子供の世話と仕事をかけもちするためも少なくありません。

また、勤務する日数につきましてはおおよそ40パーセントが週1日程度になります。勤務スタイルに関しては日勤が多いです。午前のみ、午後のみさらに当直のみも30パーセントほどあり、バラエティーに富んだワークスタイルが選択できます。一方入職したルートに関しましては同僚などの紹介が多く医局の紹介がおおよそ40パーセントとなっています。

近頃では、育児中の女性の方が 一週間あたり2~3日など複数日の勤務を希望しているケースが増えています。産休や育休明けで、子供を幼稚園などに預け入れて仕事をし、段階的に再開して臨床などに戻っていくパターンになります。しかし、育児に対して手厚い医療施設については人気が集まっていて、自分自身で探すには限度がありますので、効果的に紹介会社を活用しているケースが多くみられます。

バイトという形で就労するデメリット

常勤にある福利厚生並びに手当などが、バイトの場合はありません。確定申告に関しても自らがおこなうか、税理士にお願いすることが不可欠です。 それに加えて、必ずしも継続的に仕事にありつけるとは断言できません。 医者が間にあっているところだと仕事そのものがあまりなく、やむを得ず不足しているエリアに移住したりしなければいけなくなるようなこともあり得ます。

これ以外に、常勤と照らし合わせると学会発表実績並びに後輩の指導実績をあげにくい周辺環境に身を置くことから、専門医もしくは指導医資格を更新したり、手に入れるための基準をクリアすることが非常に難しくなります。 仕事先が変わることもしばしば見られるため、すぐに一緒に業務につく人や周辺環境に適応しないといけないことも、人によって苦手意識があるでしょう。

 

アルバイトの勤務については、医療施設の規定する所定労働時間を、常勤スタイルで働かないワークスタイルとなり、常勤勤務と比較して勤務する日数や時間をコントロールしやすいのが特徴となります。そして多種多様なメリットがある一方で、バイトという就労形態が要因となってマイナスになる面もあります。ですから、メリットとデメリットについてしっかりと理解して、キャリアアップを図ることが重要になります。

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
第5位 医師のとも
記事一覧