口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

医師がアルバイトをする目的とは


医師アルバイトの目的とは一体何でしょうか。もちろん収入アップを目指して頑張る医師もいますが、それだけが全てではないようです。ここでは医師がアルバイトをする理由について、収入アップとそれ以外の要素をピックアップしてみます。

 

 

 

収入アップを目指してアルバイトする

医師もアルバイトを行いますが、それはだいたい病院などの医療機関で非常勤職員として採用されます。非常勤職員となれば、それぞれ医療機関の定める所定労働時間を満たさない働き方となります。そのため、常勤職員と比較して勤務日数や勤務時間を調整しやすくなるメリットがあります。

また医師の非常勤職員は、決まった曜日や時間帯で繰り返して働く「定期非常勤勤務」があります。さらには単発で働く、「スポット非常勤勤務」も存在します。やはり医師アルバイトする理由の1つとして挙げられるのが収入アップです。医師というと年収が高い職業というイメージがありますが、勤務する場所によって様々です。特に大学医局に所属する医師は市中の病院と比べて手当が少ないという現状があります。そのため、他の病院でアルバイトをして収入確保を目指しています。

では気になるアルバイト医師の収入ですが、これは病院や働き方によって様々だといわれています。例えばベテラン医師では、時給10000円前後が相場だといわれています。また若手医師の場合は、ベテラン医師よりも下がって、8000~10000円程度のようです。やはり医師だけあって他の職業よりも時給はかなり高めです。

もし時給10000円で働いたとしたら、1日8時間勤務で80000円になる計算です。毎週1回アルバイトするとなると、1カ月当たり320000~400000円の副収入が得られる計算です。更に年間に換算すれば400万円程度の増収が見込まれます。このように医師アルバイトの時給はかなり良いので、収入アップを目指す医師も少なくありません。

常勤先では得られない体験ができる

医師がアルバイトをする理由は何も収入アップに限ったことではありません。スキルアップを目指して積極的にアルバイトする医師も多いです。例えば認定専門医を取るためには、ある程度の症例を集める必要がありますが、常勤先だと先輩医師や他の若手医師との兼ね合いでなかなか集められないケースがあります。

そこでアルバイト先で症例数を増やして、認定専門医取得を目指す医師もいるのです。また医療機関によっては症例が偏ることがあるので、常勤先で集められない症例を敢えてアルバイト先で扱うケースもあります。中には開業した医師で、扱う疾患に偏りがあるため、幅広い経験をしたいという理由でアルバイトする医師もいるようです。このように給料は二の次として、キャリアアップするためにアルバイトする医師も少なくありません。

将来の開業準備のためにノウハウや人脈を集める

医療機関に努めている常勤医師の中には、将来的に自分のクリニックを持ちたいと考えている人もいます。将来の開業のために、アルバイトをする医師も少なくありません。クリニックでアルバイトすることで、開業するためのノウハウや施設運営、医療スタッフに対するマネジメントなどを学ぶことができるのです。

更にクリニックを開業すると、地域とのネットワークは必要不可欠です。特に自分のクリニックを受診していた患者が重症化した場合、他の大きな病院へ紹介するケースがあります。また持ち回りで休日当番医を引き受けるなど、地域と連携するケースがたくさんあります。もし開業する地域が決まっているならば、そのエリアでアルバイトをして地域とのつながりを確保するという医師もいるようです。

 

このように医師がアルバイトする目的は多種多様です。収入アップだけでなく、キャリアアップ目的で積極的にアルバイトする医師もいます。更には将来の開業を見越して、開業ノウハウや地域との人脈を作るためにアルバイトする医師も少なくありません。

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
第5位 医師のとも
記事一覧