口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

医師アルバイトのメリットとデメリットは?

公開日:2018/09/11  


医師アルバイトは高い収入で、関心があるという方は多く見られますが、仮にアルバイトで働いて失敗したとなれば、医者の人生に傷を残すことにつながります。一方で、アルバイトを続けている医者は常勤医に戻れないといいます。バイトで働く良い点とマイナス点をしっかりと理解することが重要になります。

 

 

勤務する時間や内容をコントロールできます

アルバイトという形で業務につくことのまず第一のメリットは、時間に拘束されないことです。 医療施設の勤務医やクリニックの開業医も、自分自身の勤務する時間を自らがコントロールできません。しかしながらアルバイトの場合は、都合が悪いときは仕事を入れなければ済みます。

極端に言うならば前の月は多く稼いだから、今月は休みを多くするというようにコントロールすることもできます。また、就労内容についてもコントロールすることができます。 糖尿病を専門に診療したい場合、不用意にも一般内科全般を診る必要がある勤務場所を選んでしまった時は、契約更新しなければ済みます。 つまり、不快な仕事はしないという選択が可能です。

年収額増加や対人関係の疲れが少なくなります

また、年収額の高さも利点の一つです。非常に多くの勤務医に関しては、激務の内容からしたら年収額が良くないと実感しています。しかしながらアルバイトに転向すると、相当な率で年収額が上昇します。 アルバイトの時給相場につきましてはおよそ1万円と言われています。

そして具体的に、残業なしの1日8時間勤務の状態で一年あたり120日休みを医療施設の常勤医で実現するのは難しいです。それでも年収額2千万円貰っている常勤医は多くないです。 アルバイトは、年収額の面のアドバンテージがあるワークスタイルといえます。その結果開業に関する資金1億円を貯めると心に決めてアルバイトをする医者もいます。それに加えて、 難解な対人関係を持たなくてよいことも利点です。

アルバイトになって、収入額が高くなり人間関係の悩み事が減ると言えます。 勤務医に関しましては、上司の医者や経営者といった摩擦の原因が多くあります。 医院内のしがらみからの解放は、大きいと考えられます。 さらに勤務医や開業医は、対患者という対人関係に苦労させられますが、1回で完結する型のアルバイトは、そうした悩み事が小さくなります。

バイトという形で働くデメリット

一方、アルバイトのデメリットのひとつは、医療ミスをしたときの対処といえます。アルバイトがミスを引き起こした現場になった病院は、その医者を保護するどころか被害者になるケースがあります。病院が被害者になることは、病院そのものが家族サイドに付くということを意味します。

病院が、アルバイトが知らない間にやったとすれば、裁判を介してアルバイトが勝てる可能性は少ないでしょう。それに加えて、学びの周辺環境が多くないこともデメリットです。病院によりましては、常勤医がアルバイトを歓迎していないところも少なくありません。 そうした常勤医がアルバイトの医者に対して新しい医療を教えることはあまりありません。

アルバイトの医者は、自腹で学会に足を運び情報の収集をする必要があります。 自腹につきましては交通費並びに学会経費だけではありません。 勤務医の場合、学会へ出る日もサラリーは払われますが、アルバイトの医者が参加する日は無収入となります。あらためていうまでもなく、高い値段の医学書も自前でそろえる必要があります。

 

医師の勤め方に関しては、大まかに分けると常勤及びアルバイトに区分けされます。アルバイトとして勤めると、プラス面とマイナス面があるという事をしっかりと把握することが重要になります。 ポジティブな部分とネガティブな部分をきちんと理解して働くことが大事になります。

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
転職先生の画像
第5位 医師のとも
医師のともの画像
記事一覧