口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

医師アルバイトでは高額な給料が望めるのか?

勤務医を踏まえてのシビアな労働よりも人気になっている勤務方式として、非常勤あるいはアルバイトがあります。

近頃では、医療を専門としている転職並びに派遣をバックアップするサイトがたくさん設立され、簡単な登録だけで日本各地の求人に関する情報をインターネットを通して探すことができます。

この理由により、医師のアルバイトスタイルが行き渡っており実際に多くの方が勤務しています。

 

バイトの種類および主な特徴について

バイトには、大きく分けて短期バイトと中長期のバイトが存在しています。

短期バイトにつきましては、原則として1日、深夜や当直勤務では2日単位であり、フリーターの医者が派遣会社を介して紹介して貰った病院へと出勤する形となります。

それに加えて、大学病院の賃金はとても薄給であり、実際のところバイトが不可欠となっています。

給料に関してですが固定給でなく時給または日給となります。

バイトにつきましては医療施設が緊急で人員を充足させたいケースが多いため、相対的に高給与であることが特色になります。

勤務する時間や場所によっても異なりますが、基本的には3~8万の日給ということになります。

 

生活環境に合わせて高給で働くことができます

最も大きいメリットは、自分自身のライフスタイルにしたがって勤められることと、高い給与であることがあげられます。

空いている時間をフル活用したい主婦からすれば、とても割のよいバイトということになります。

原則として時間外の仕事はなく、定時通りに業務を完結できることも素晴らしい所です。

医療以外の医療施設の経営や部下のマネジメントというような手間が掛かる部分に拘束されることがないというメリットもあります。

 

バイトで業務につく場合のデメリット

デメリットとしましては、外来並びに当直、健診業務といった業務が中心となっており、毎日のように勉強やスキルアップすることができる現場ではないかもしれません。

また、バイトだけという安定が失われた毎日を送るのは不安感がつきまとうといえるでしょう。

さらに、バイトのケースでは、手当金の付与、あるいは退職金は存在していません。

短期のバイトならば、絶えず求人に関する情報をチェックし応募するというプロセスを繰り返さなければいけません。

時には不慣れな医療現場において医療トラブルに見舞われることもあります。

 

バイトという勤務スタイルでも、あるレベル以上外来が回せるテクニックがあれば、それだけで生計を立てることはできるでしょう。

しかしながら、バイトだけではドクターとしてのスキルアップは望むことができないことも認識しておくことが重要になります。

キャリアとして価値があるかどうかをしっかりと検討し働きましょう。

 

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
第5位 医師のとも
記事一覧