口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

医師アルバイトの主な仕事内容とは?

公開日:2019/01/15  最終更新日:2018/12/17

通常は常勤として病院やクリニックで働いている人が、勤務以外の時間を利用して働くケースがあります。

働く目的は様々ですが、実際どんな仕事をしているのか気になるかもしれません。

それが分かればやってみようと考える人も出てくるでしょう。

 

外来の担当が少ない所での外来業務

総合病院などでは外来の対応が大変になっていて、常勤だけでは足りないときもあります。

全国的な医療費の仕組みの変更により多少外来患者が減るのでしょうが、それでもてんてこまいの病院もあります。

そんな外来の担当者が足りない所での外来業務が医師アルバイトの主な仕事となります。

クリニックなどは午前の診察と午後の診察などがありますが、病院などでは午前のみの診察が多くなります。

外来においては手術などが行われることはほとんどなく、問診であったり簡単な検査、そして処方箋の作成などになります。

手術となるとその患者さんのことをよく知っていないとできないところもあるでしょうが、外来であればその日初めて来る患者さんに対応するときもあります。

必ずしも常勤でないとできないわけではないので、その日1日だけの対応などの勤務が可能になります。

 

当直や日当直は常勤勤務をしながらでも可能

病院は24時間365日運営が行われています。

でも休診の日や午後などは診察されないという人がいるかもしれません。

病院には入院患者がいて、その人たちの対応は常に行わなければいけません。

さらに救急で運ばれてくる患者さんに対する対応の準備も必要になります。

ですから必ず医療関係者が常にいる状態にしておく必要があります。

ただ常に医療関係者を配備しようとすると無駄もあるので、必要に応じて人を減らしながら運営を行っています。

外来がない時であったり、夜間などは勤務する人を減らして効率的に対応しています。

そして当直や日当直も医師アルバイトの主な仕事となります。

これらは万が一の対応のために病院内で待機をする業務になり、基本的には待機室などで仮眠などができます。

病院によっても異なりますが、全く呼び出されなければずっと仮眠が取れる時もありますし、急患の患者さんがどんどん運ばれてくるときは常に対応しなければいけなくなります。

当直などは仮眠が取れる仕事なので、常勤で勤務をしながら気軽に他で仕事ができます。

 

簡単な手術であれば行うことができる

病院で行う手術といえば、メスを使って腹部を切ったり、頭部を切ったりするものを想像するかもしれません。

内臓や脳の問題点を解消するために行われる手術で、患者には全身麻酔を施して多くの医療関係者が立ち会いながら行われます。

緊急手術などもありますが、通常は事前の診断などから計画的に行うケースが多く、患者の事情をよく知っている主治医が執刀するケースが多くなります。

患者との信頼関係も大事になるので、事前にコミュニケーションが取れる人でないと手術をするのは難しいかもしれません。

医師がアルバイトをするときの主な仕事内容として手術があるかですが、大きな手術は患者との関係からなかなか難しくなります。

しかし手術にはそれほど難しくないものもあります。

最近は視力矯正のためのレーシック手術が良く知られています。

また白内障の手術などもあります。

これらは大きな病院ではなく、専門の眼科クリニックなどで行えます。

これらの医療機関において募集が出ているときがあり、手術の執刀医として仕事をするときがあります。

 

病院では外来の対応者が少なくて困っているところがあり、臨時の対応医として仕事ができる時があります。

当直や日当直は仮眠を取りながら仕事ができるので、常勤が続いているときでも仕事がしやすいです。

眼科の手術等なら執刀する場合もあります。

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
転職先生の画像
第5位 医師のとも
医師のともの画像
記事一覧