口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

医師アルバイトの健康保険事情とは

公開日:2018/12/15  最終更新日:2018/11/30

収入を増やしたりスキルアップのために、常勤として働きながらバイトも行なっているというケースと、ライフスタイルの変化から常勤として長時間働くことが困難という理由からバイトのみを行なっているというケースがあります。

どちらの場合でも、バイトのみを行うという時に気をつけなくてはならないことの一つとして頭に置いておかなくてはならないのが健康保険に関することです。

 

 

 

常勤医とバイトのみの違いについて

常勤医の場合には、納めなくてはならない分は報酬から差し引かれることになりますが、バイトとなれば差し引かれることはありません。

手取りとなれば、同じ時間働いてもそれほど金額に違いが生まれないことが多いので、それならばバイトで自由に働くべきだと考える人も多いです。

常勤医となれば、急な休診で代診しなければならなかったり当直翌日も休めないなどハードな勤務内容となっているケースも多いですが、バイトならば自分のライフスタイルに合わせた仕事が可能になります。

しかし気をつけなくてはならないのが社会保険の違いです。

フリーランスとなれば、国民年金に加入しなければならず、年金の計算は非常に難しいだけではなく、バイトだけの収入の場合には、自己資金を積み立てて老後に備えて行く必要性も考えておかなくてはならないでしょう。

 

医師国民健康保険組合という選択肢もある

医師会に所属している人が加入できるものが医師国保です。

加入は誰もができるものというわけではなく、一定の条件が定められているということは頭に置いておくようにしましょう。

国保との大きな違いとなるのが、金銭面の負担の違いです。

国保は収入に応じて金額が変わっていくことになりますが、こちらの場合は収入に関係なく一定というのが特徴であり、年収が上がっても金銭面の負担が増えてしまうということにはなりません。

通常では法人になると社会保険に加入することになり、医師国保に加入することはできません。

しかし、あらかじめ加入していた場合には、その後法人化しても引き続いて加入することができるようになっています、

 

医師国保に加入するメリットについて

収入にかかわらず各組合員で納めなくてはならない金額が決まっているので、一般的な国保に加入することと比較すると、金銭面の負担が軽減されるケースが多いという点ではないでしょうか。

本人だけではなく、家族や従業員でも加入することができ、通常のものと同様に、医療費の一部負担の制度や各種健診があります。

高額療養費の一部払い戻しだったり、出産一時金の支給など様々なメリットがあります。

 

常勤をしながらバイトもするのか、バイトのみをするのかによって加入するべき先にも違いがありますが、バイトのみとなれば慎重に考えてから選ばなくてはならないことは確かです。

万が一の事態に備えるべきものだからこそ、よく吟味してから選ぶようにしておきましょう。

 

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
転職先生の画像
第5位 医師のとも
医師のともの画像
記事一覧