口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

医師アルバイトの税金はどうなっている?

医師の給料は、一般的には高い水準にありますが、一方でその勤務条件が過酷であることがいわれています。

研修医から勤務医になっても、大学院での研究もありますので、常勤医として勤務するのは困難です。

そこで医師アルバイトを効率的に行うことになりますが、その際税金に関しても気にする必要があります。

 

医師アルバイトにおいて気をつけるべきこと

医師の養成には長い時間がかかります。

学部で6年間かかりますし、医師免許国家試験に合格し、研修医として2年間勤務して、医師として本格的に診察を行うことができるようになります。

しかし、医師免許を取得しているだけでは医師としての将来性が狭くなってしまいます。

そこで、研修医の2年を満了した後に、大学院に進学する場合がほとんどです。

4年一貫性の博士課程を修了して、博士の学位を取得することになりますが、学部入学から12年間もの時間を要します。

浪人することなく、ストレートに進学、修了できたとしても、30歳になります。

その間の生計を立てながら学業もつづけることになりますので、医師アルバイトに従事することになります。

医師アルバイトは、医療行為そのものですので、自分のスキルの向上にも直結します。

一方で、大学院での臨床経験をベースにした基礎研究も行いますので、アルバイトに時間を使いすぎないよう、バランスに気をつけることが肝要です。

 

医師アルバイトで得た給与所得にかかる税金

一般的に、医師になった場合、高額な報酬が約束されます。

人の命を預かる重要な仕事ですので、そのためにはたくさんの知識が必要です。

それに見合った高い報酬が支払われるのは当然のことです。

しかし、そうなるまでの30歳までの時間を生活を維持するために、医師アルバイトを活用することになります。

もちろん奨学金制度も利用できますが、いずれは返済しなければならないお金ですので、働いて所得を得た方が得策ともいえます。

その差異は、研究に投入できる時間によって顕れます。

研究にできる限りの時間を割きたい一方で、臨床の経験を積むことができる医師アルバイトにはメリットもあります。

若手医師は、大学病院などで勤務医として働きますが、給与表も低いので、別の病院でも働くことになります。

普段、主として勤務している病院からの給与収入に関しては年末調整が行われますが、アルバイト収入の方は合算した上で確定申告をする必要があります。

 

医師アルバイトで得られた所得の確定申告

複数の病院のアルバイトをかけもちしていると、確定申告をすることで税金が戻ってくる可能性があります。

アルバイト先の病院で給与を得た時も所得税が徴収されていますが、これは高い税率に基づいて算出されていますので、確定申告を行うことで低い税率が適用されることにより、その差額が還付されます。

サラリーマンの場合、経費としてスーツ代の名目で基礎控除が行われますし、自営業者は経費として節税ができます。

しかし、アルバイト医が学会や研究会等の参加費、交通費、宿泊費、最新の知識をアップデートするために購入した医学書などは経費として控除されません。

しかし、製薬企業が主催する講演会や研究会等において招待講演や発表をした際に受け取る講演料、あるいは専門誌や新聞等からの依頼に基づき作成した原稿にかかる謝金は雑所得といなりますので、確定申告で控除できます。

医師といえども最初は所得が少ないですし、少しでも研究の役に立つお金の使い方をしたいところですので、確定申告に関する知識も必要です。

 

一般的に、医師の所得は、他の職種に比較して高い水準にあります。

しかし、医師になり、学位を取得するまでには、最短でも12年の時間がかかります。

このため、その間の生計も維持していかなければなりませんので、アルバイトも必要です。

アルバイトで得られる所得にも課税されますが、確定申告で還付を受けることもできます。

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
第5位 医師のとも
記事一覧