口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

医師アルバイトをする上での注意点とは?

現在、常勤として勤務しながら、アルバイトを掛け持ちする医師が増加傾向にあります。

近頃では人手が不足している状況から求人も非常に多く、バイトによって生計を立てている方もいます。

常勤という形で勤めるよりも、高額時給を稼ぐことができるケースがあるので、自分自身のペースで働く人も増えていますが、当然働く上で注意点があります。

副業や掛け持ちが禁じられているケースがあります

副業を行うことは就業の自由によって守られて、禁止されているわけではありません。

私立、公立で相違はあるかもしれませんが、大半が問題ないでしょう。

常勤の病院を持って、1週間に1、2回他のクリニックなどにバイトしている方はたくさんいます。

1週間あたり1回としても数万円は稼ぐことが出来ます。

そのため、病院勤務をバイトとして短時間で務めている方が非常に多いです。

国の法律では医者の副業は禁止されていないですが、常勤で勤めている病院には副業禁止規定がある場合もあるので気をつける必要があります。

これに関しては稀ですが、仕事を掛け持ちすることを制限している医療機関もあります。

それに加えて、公立病院で就業している場合は公務員という形で取り扱われていますので副業もしくは仕事を掛け持ちすることは禁じられます。

私立病院にも副業や掛け持ちを禁じているケースもあるようですので掛け持ちの状態で働きたいと考えている場合は、あらかじめ病院へチェックしておきましょう。

確定申告をきちんと行なう必要があります

バイトは非常勤と見比べてみて、待遇並びに給料などに差が生じることもあります。

非常勤であれば、1週間あたり30時間以上同一の勤務場所で勤める場合、厚生年金や社会保険に入ることができます。

それに対して、バイトで生計を立てるケースでは、国民年金並びに国民健康保険へと加入し、確定申告に関しても自分自身で執り行います。

給与を受けたあと、バイト先より発行されている源泉徴収票と関連付けて確定申告を実施するので、給与をたくさん使ってしまい、税金を支払う金銭が手元に残っていないということになると大変なことになります。

それに加えて、バイトをいくつか掛け持っていると収入元が区分されているので、それぞれの書類や証明書などは後になって求められますので保管しておくことが重要になります。

申告額にミスがあると、脱税とみなされてしまうケースもあるので、ゆとりのある申告を意識しましょう。

バイトを探している方は、必要な条件の交渉や面接のスケジュール調整の代行、確定申告や税金に関する相談のバックアップなどしてくれる医師求人サイトを有効に活用することをお奨めします。

掛け持ちすることは、複数の医療機関より収入額を得ることです。

バイトのみのケースも同一なので、絶対に確定申告を実行しないとなりません。

源泉徴収書や年金支払い証明書、控除証明書など、確定申告に欠かせない書類などはきちんと備えておきましょう。

確定申告の間近になって必要な関係書類を用意しようとして焦る方も多いですが、普段から大切な書類を整理するように気を配っていれば確定申告も円滑に行えます。

自らの健康面を一番に考えましょう

バイトを掛け持ちすることによって休みの日がないことにならないようにスケジュール管理をしましょう。

バイトを掛け持ちするほど負担もとても大きくなります。

自身の健康が損なわれては意味がありません。

健康面が不安であれば、当直よりも検診など、スタミナやメンタリティに負担が少なくて済むバイトを選択するという方法もあります。

アルバイトは給与アップかりでなく、現在の医局やクリニックに疲れが出た、環境を改善したい人に望ましいと言えます。

それに加えて、様々な症例にあたることが可能なのも大きなメリットといえ、キャリアアップの面でも役に立ちます。

しかし、バイトを行うに際して副業の規定や確定申告などの注意点もあり、しっかりと理解して就業することが重要になります。

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
第5位 医師のとも
記事一覧