口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

医師アルバイトの将来はどうなる?

非常勤で働ける医師アルバイトは現状としては多数の求人が出されているので自分の都合に合わせて選びやすい状況があります。アルバイトとして稼いでいくことも、ダブルワークをすることも容易ですが、将来的に状況は変わっていくのでしょうか。

現状の需要とアルバイトの業務に関する状況から、今後の状況について予測してみましょう。

常勤医師だけでは足りないのが実情

病院としては常勤医師だけで全ての仕事を賄うことができれば、常に高度な医療を駆使し、患者の状況もよくわかっている医師が対応するという形を作り上げられます。そのメリットがあるにもかかわらず、アルバイトをする人も募集している理由として人材不足が挙げられます。

医療の需要が高騰している影響で対応しなければならない患者の数が増えているだけでなく、一人一人の患者からの要求も高くなっているのが現状です。この背景には高齢化とIT化の影響が大きく、高齢化によって医療を必要とする人が増えている一方で、個人がインターネットを利用して医療に関する情報を簡単に収集できるようになりました。結果として、自分の容態を判断して病院に行くべきだと考えたり、医師の診察結果に対して反論する人が出てきたり、治療方針について詳しく相談させて欲しいと考える人が増えたりしてきているのです。

医師の業務は増えるばかりになっていて医師不足が現場の大きな悩みになっています。今後も高齢化が進み、さらにIT化が進んで情報が流通するようになるでしょう。その観点から考えるとやはり常勤医師だけでは足りない状況が続き、アルバイトを確保しようという方針は維持されると考えられるのです。

アルバイトのコストパフォーマンス

病院としてはコストを削減しなければならないという窮地に立たされています。その観点からも今後も非常勤医師の活用が続いていき、求人は豊富な状況のままだと考えることが可能です。

保険治療にかかる費用は国によって定められた診療報酬制度によって定められているため、病院としては収入がかなり制限されてしまっています。しかし、その収入の枠内で高レベルの医療を要求される世の中となっているため、設備を整え、人材を増やして最大限のサービスを提供しなければなりません。サービスの質に対する要求は年々高まってきているため、今後はサービスを充実させる必要性もさらに高騰するでしょう。

結果として病院では人件費の削減を考えなければなりません。アルバイトであれば常勤で雇うよりも時間単価が安くて済みます。アルバイト任せで十分な業務と常勤が行うべき業務とを明確に分けて、積極的にアルバイトを活用する方針が取られる可能性が高いのです。

業務の分離が起こっていくことの影響

病院としてはコストパフォーマンスを上げるためにはアルバイトには普段からいなくてもできる業務を任せ、いつもいなければできない業務は常勤に任せるという方針を立てざるを得ません。結果として、明確な分業体制ができていくことになります。

常勤で働くときとアルバイトをするときとでは従事する業務内容が異なり、アルバイトが不足しているときには常勤がその仕事も担うという形が整っていくのです。既にこのような分業体制で現場を運営している病院もあります。それが一般化していくことにより、あまり責任が重くはなくてルーチンで行いやすい業務の担い手としてアルバイトが活用されていくでしょう。

このように医師の需要が高まっている影響で将来的にも医師アルバイトの募集は続き、豊富な求人があると考えられます。常勤との業務の分離が明確化されていき、常勤かアルバイトかで医師が担当する業務にも違いが生じてくるでしょう。しかし、需要は高まっていくので求人の選択肢が減っていく心配はあまりありません。アルバイトという働き方は将来的にも有望なのです。

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
第5位 医師のとも
記事一覧