口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

医師アルバイトの雇用形態の特徴とは?

公開日:2018/12/15  最終更新日:2018/11/30

働くとき、その仕事の仕方によっていろいろな条件が変わってきます。

働き方によって税金のかかり方や社会保険料の適用のされ方が変わってくるので手取りを減らしたくないなら考えながら働く必要があるでしょう。

 

 

 

単発で1日単位で働くなら非常勤になる

医師のアルバイトにおいて1日だけ単発で受けられるタイプがあります。

こちらの雇用形態の特徴としては非常勤になり、社会保険制度などの適用はありません。

労災に関しては1日の労働でも加入になりますが、保険料は事業主が負担してくれるので気にする必要はないでしょう。

たまたま空いている日に当直の仕事を入れるなどしたときに該当しますが、1日でなくても一定期間において働く日数が少なければ社会保険の適用を受けることはありません。

当直の仕事となると結構時給や日給は多くなるので、収入面だけなら非常勤で働いても結構なお金になるときもあります。

ただ勤務日数が少ないのであれば余計な費用は掛からないので、特に心配する必要ないでしょう。

 

継続的に働くときには常勤扱いになる可能性

パートの主婦などが働くとき、扶養が外れない程度に抑えて働く場合があります。

所得税と社会保険において夫の扶養に入るか自分で支払う必要があるかの境があり、働く時間が多くなったり給料が多くなると扶養から外れてしまいます。

税金や社会保険料を支払わなくてはならなくなるので、給料は多くなっても手取りが減るなどもあるので注意しないといけません。

医師がアルバイトをするとき、常勤で病院などに勤務をしながら別の医療機関で仕事をするときがありますが、気をつけておかないと非常勤のつもりでも雇用形態が常勤と同じになってしまうときがあり、社会保険の適用になるときがあります。

勤務日数が増えたりすると該当するようになるので、その時は社会保険料の調整などをしなくてはいけなくなります。

専門医を目指してバイトをする人などは一つのところで継続的に仕事をすることもあるでしょうから、どんな扱いになるかを確認しておきましょう。

 

バイトだけの人は社会保険などもチェック

仕事をすると給料がもらえ、給料は所得になるので所得税の支払いが必要になりますし、その他社会保険料の支払いをしなくてはいけないときもあります。

給料が無ければ国民年金や国民健康保険などに加入することになりますが給料が多くなると厚生年金や協会健保などへの加入が必要になるときがあります。

医師アルバイトの雇用形態の特徴として、給料や勤務日数によって変化することを知っておきましょう。

バイトだけで行おうとしている人は、給料が総額いくらになるのか、1週間の出勤日数や勤務時間がどうなるのか等を知っておく必要があります。

常勤で働いている人は気にすることなく所得税や社会保険料がかかるので問題ありませんが、バイトのみの人はある金額を境にして、変わってきます。

手取りを減らしたくないのであればできるだけ税金や社会保険料がかからないようにした方がいいかもしれません。

 

単発で働く分には非常勤になり、特に税金や社会保険に影響はないでしょう。

ただ継続的に働くようになると、非常勤でありながら常勤と同様に扱われるときもありますので、バイトだけの人は特に給料の額を注意しておきましょう。

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
転職先生の画像
第5位 医師のとも
医師のともの画像
記事一覧