口コミでも人気の医師のアルバイト求人サイトを比較ランキングでご紹介!【非常勤やスポットでのお仕事選びも可能!】

医師アルバイトの需要は高まっている

公開日:2019/09/01  最終更新日:2019/08/09

医師アルバイトとは、常勤で働いている医師が研修日などの空いている時間帯を利用して自分が勤務している医療機関と別の場所でアルバイトをすることを言います。

金銭的な事情が絡んでいる場合もありますが、症例や知識や技術の向上を目指して働いている人も多く存在しています。

病院側がどうしても人手不足の時に臨時で人手の確保ができるので、医師アルバイトの需要は高まっているのです。

常勤担当医だけでは人手が足りない病院側の事情

医療機関には医療従事者が働いていますが、その多くが資格が必要でだれにでもできるというわけではありません。人手が不足していて新たに人材を採用したいと考えていてもすぐに補充するには難しい事情があります。

当然のことながら、患者様がいても担当する医師が不足していては病院はうまく機能しません。しばらくは足りない状態で業務をやりくりしていたとしても、病院の性質上業務が滞ってしまうのは困ります。

さまざまな理由で、現状の常勤担当者だけでは業務をやりくりすることができない病院があるために医師アルバイトは存在しています。早く足りない人手を補充したくても簡単には補充できない事情があるので、その間臨時で働いてもらうというわけです。

また、全員を常勤にしてしまうと赤字となり正常な運営ができないという場合にも一部をアルバイトとして雇い、人件費を削減している場合もあります。医療法人は利益を追求するための組織ではありませんが、安定して医療を提供するために削減できるコストにも限界があるので医師アルバイトで人手を補充していることもあります。

もっと働きたいと考える医師側の事情

医師がアルバイトをする理由としては、もっと稼ぎたいと考えている人がいるからです。医師は高給という漠然としたイメージがありますが、全ての人が高給というわけではありません。中には一般のサラリーマンレベルの人もいるようです。単純に常勤のほかに非常勤を入れて仕事量を増やせば稼ぐことができるので、医師アルバイトを行っているという人がいます。

ほかの理由としては、症例や知識・技術のスキルアップを目指しているということです。ひとつの医療機関ではできる仕事が限られていますが、外部の職場では常勤の職場ではなかなか経験できない業務を行うことができる場合があります。医師アルバイトの業務内容の多くは、外来の求人のようですが当直や日当直などで病棟管理などもあります。

また、眼科では白内障や緑内障の手術を非常勤の医師アルバイトが行なっているというケースや美容皮膚科や美容外科などでは一定の研修を終えると執刀に関わることができるケースもあるそうです。

医師アルバイトのみで働いている人たちがいる

常勤の仕事のお休みの日に医師アルバイトをしている人もいますが、中には非常勤だけの仕事で働いている人もいます。 女性の方に多いケースでは、子育て中の女性医師が子どもを保育園や幼稚園に預けながら週に何度か勤務をしているという場合です。出産や育児などで医師としての働き方を見直さなければならない女性医師たちが、仕事と子育ての両立を図るために非常勤として働いているケースです。このケースでは、子どもが大きくなると同時に元の勤務形態へと戻って行くことが多いそうです。

また、中にはフリーランスと呼ばれる医師アルバイトのみで生計をたてている人もいます。フリーランスと言われて思い浮かぶのは天才外科医が医療ドラマのイメージから思い浮かぶかと思いますが、実際にはフリーランスで活躍している外科医は世界的にみてもほんの一握りのカリスマだけと言われています。

しかし、麻酔科は、慢性的な麻酔科医の医師不足という実情や1人の麻酔科医が同時に数件の手術を受け持つことができないという実態があるので医師アルバイトの需要がとても高い診療科ともいえます。手術が終わると麻酔科としての仕事も終わりという一回完結型の業務内容なので、非常勤として働きやすく、フリーランスになることで常勤よりも収入が上がったという声もあるようです。

 

お休みの日にアルバイトを入れて収入アップやスキルアップをはかりたいと考えている医師の方も多く、医師アルバイトは需要の高いお仕事です。外来や当直など勤務時間や日数などの条件が多彩なので、自分の条件とぴったりあう仕事を見つけることができます。

サイト内検索
医師アルバイト求人サイトランキング!
第2位 転職先生
転職先生の画像
第5位 医師のとも
医師のともの画像
記事一覧